はじめまして、株式会社JOB HOPEです。

私たちは土浦市をはじめ、茨城県全域で、解体工事を行う「解体Do」というサービスを提供しています。

また「ハウスドゥ土浦学園店」という不動産屋で、地域の方の土地・建物の売買のサポートをさせていただいています。

この記事では、解体工事サービスの解体Doについて紹介してまいります。

土浦店〒300-0051 茨城県土浦市真鍋1-1-8
電話番号0120-300-484
営業時間年中無休 8:00~21:00
地図
▼解体Doお問い合わせはこちら▼

当社は、平屋、2階建て、3階建て、木造または鉄骨造など、さまざまな種類の住宅の解体を専門としています。土浦市の必要な行政手続きを行い、住宅解体工事を法律に従って進めてまいります。

近隣住民への騒音や粉塵の影響を最小限に抑えるために、防音シートや保護カバーを利用しています。また、法的要件に準拠してアスベスト調査と分析を実施し、必要に応じて適切な対応を行います。

通常の住宅の場合、解体作業はおおよそ2週間かかります。道幅が狭い場所や隣家との距離が近い場合でも、手壊しを行うなど効果的な方法で作業を進めることができます。お気軽にご相談ください。

当社では、小屋、納屋、金属屋根の小屋、プレハブ建築物、古い物置など、より小さな構造物の解体も扱っています。コンクリートやブロックの基礎がある場合でも、安全に解体することができます。

再利用可能な小屋があればリサイクル会社が引き取る場合もありますが、買取不可の場合は当社のチームにご相談ください。

ミニ解体サービスでは、庭の小屋、庭の石の構造物、門、カーポート、浄化槽、コンクリート床、ブロック壁、フェンスなど、小さな構造物の撤去や解体をカバーしています。これらの要素の撤去や解体が必要な場合は、いつでもお手伝いいたします。

当社の作業は地元の規制を尊重しながら安全性と効率性を重視しています。

▼解体Doお問い合わせはこちら▼

解体Doではいくらで解体できます!とお伝え出来ればよいのですが、家屋の状況で費用が変わるので、見積もりのご依頼をお願いしております。

木造家屋の解体処分費用は建物の床面積相場を計算することができます。

1坪あたり3~5万円です。(㎡にすると1㎡あたり9000円~15000円)

一般家屋の広さで試算してみると以下のようになるでしょう。

20坪の家屋の場合、60~100万円
30坪の家屋の場合、90~150万円
40坪の家屋の場合、120~200万円

これらは家屋の解体、運搬、処分、人件費、重機費用が含まれるのが一般的です。(解体Doも)

また以下の費用が掛かることが一般的です。

  • 養生シート:面積により15~30万円
  • アスベスト調査:1検体あたり3.5万円前後
  • アスベスト解体:品目や処理面積により異なる

必要に応じて増える費用は以下のものがあります。(一般家屋のケース)

  • 残置物撤去:トラック3台で15~20万円前後
  • 庭木や庭石の撤去:トラック1台で3~5万円前後
  • 整地:3~5万円
  • 地中から出た過去のゴミ:量により加算
  • 交通誘導員:必要に応じて
  • 手作業での解体:重機が使えない場合の費用加算
  • 建物の滅失登記:土地家屋調査士に依頼する場合は5万円前後

※ただし建物の構造や種類、周囲の環境により費用が変動する可能性があるのでご了承ください。

例えば木造ではなく鉄骨住宅なら坪あたり4~6万円の費用になります。

これらの合算で解体費用が算出されます。100~300万円はかかる工事ですので慎重にご検討ください。見積書の内容は初めて見る方には難しい場合が多いので、私たちは丁寧に説明しています。

▼解体Doお問い合わせはこちら▼

土浦市のお客様が、私たちのような解体工事業者に工事を依頼して、建物を解体するときの流れについて解説します。

ステップ1.解体工事業者は、建築物の構造、工事着手時期、分別解体計画などについて書面を作成し、ご依頼者様に説明します。

ステップ2.契約を締結します。契約書には、分別解体方法、解体工事費用、再資源化に要する費用、特定建設資材廃棄物を持ち込む施設の名称などが明記されます。

ステップ3.ご依頼者様は工事着手の7日前までに、土浦市長(建築指導課)に建築物の構造、工事着手時期、分別解体計画などを届け出なければなりません。→私たち解体Doに委任いただくことも可能です。

ステップ4.業者は解体工事前に、現場に標識を設置します。

ステップ5.解体工事を実施します。

ステップ6.分別解体と再資源化等を実施します。再資源化の実施状況に関する書面を受け取ります。(ご依頼者は再資源化が適正に行われていなかった場合は、茨城県知事に申告、適正な措置を求めることができます。)

ステップ7.完了報告を受けて、書類を受け取ってください(建物滅失登記に必要な書類、請求書等)。現場の状況が問題なければ、業者に工事代金を支払って完了となります。

ステップ8.建物滅失登記を1か月以内に行ってください。(土地家屋調査士に委任することもできます)

  • 解体Doでは、ステップ3の建設リサイクル法に関する届出を代理で承る事が可能です。
  • また解体工事前に近隣の住民の方へご挨拶とご説明をさせていただき、工事に関するご理解をしていただけるよう努力しています。工事では粉塵や騒音が必ずでてしまい、いい気持ちはしません。苦情に対しては迅速に対応するべく、良好な関係を築くよう努めています
  • 当然ですがステップ1の前段階で、現地調査と詳細な見積書の作成、およびご説明をさせていただいています。内容にご納得いただき、問題が無ければ、次のご契約の段階に進ませていただきます。
  • 解体工事が始まった後に、勝手に費用を増加することはありません。費用が増えるケース(アスベストが出たり、地中埋設物が出たケース)については事前に説明させていただきますし、勝手に追加の工事などは行いません。
▼解体Doお問い合わせはこちら▼

解体Do土浦店へのアクセス方法についてお知らせします。

土浦駅からは車で6分。国道125号沿いです。丸源ラーメンさん、焼肉きんぐさんと同じ通りにあります。

私たち(株)JOBHOPEは、不動産屋のハウスドゥと解体Doを同一店舗で経営していますので、こちらのハウスドゥ土浦学園店を目指して来ていただければ大丈夫です。

土浦店〒300-0051 茨城県土浦市真鍋1-1-8
電話番号0120-300-484
営業時間年中無休 8:00~21:00
地図

私たち「解体Do」は、地元土浦市での土地勘があり、弊社にご依頼いただくと次のような面でメリットがございます。

  • 土浦市地元密着の運営:地元で運営しているため、土地勘や地域ごとの家屋の特性を熟知しているので、最適な解体工事のプランをご提供できます。
  • 近隣の方との関係構築:解体中は近隣住民の方に非常に気を配って作業を行っていますし、苦情があればすぐに駆け付け説明を行っています。
  • 安心の品質:経験豊富なスタッフが確かな技術で解体作業を行い、安全かつ効率的な施工をお約束します。
  • 法令順守:土浦市の解体工事の流れに従って、作業を実施、作業前後の手続きもしてまいります。
  • 迅速な対応:地元密着だからこそ、迅速な対応が可能であり、お客様の要望に柔軟に対応します。

土浦市は他の自治体よりも空き家が多く、市としても所有者としても空き家への理解と対策が進んでいます。

こういったお悩みの方は多くいらっしゃいます。私たちは不動産のプロフェッショナルとして、解体工事も、不動産としての売買や利活用のアドバイスも行うことができます。

家屋の解体、空き家のお悩みについては気軽にご相談ください。以下のフォームよりご連絡いただければ折り返しさせていただきます。

▼解体Doお問い合わせはこちら▼

土浦市では空き家解体への補助金制度はありませんが、危険なブロック塀等の撤去に対する補助金があります。(令和6年度)

補助対象のブロック塀の特徴

・倒壊により通行者や周囲に危険性がある物
・組積造や補強コンクリートブロック造の塀
・高さ80㎝以上もあるもの
・道路沿いで危険なこと

このような倒壊の危険性があるものを除却する工事に対して補助金上限10万円を提供しています。
この補助金は、地震などの自然災害による倒壊の危険性が高いブロック塀を安全に撤去するために利用されます。

補助の対象者は危険ブロック塀の所有者、共有者、または管理者であり、施工者は市内に営業所がある建設業法や建設リサイクル法に定められた業者に限られます。

必要な届出を一覧にしました。

お客様弊社
建設リサイクル法に関する届出
建築物除去届
道路使用許可
建物滅失登記申請土地家屋調査士に委任可
アスベスト関連届出

土浦市では建設リサイクル法の届出を行う際、次の書類を提出します。
・届出書・分別解体等の計画・案内図(住宅地図)・設計図や写真・工程表・委任状(弊社で代理する場合は必ずお客様に作成いただくようにしています)

土浦市は空き家数が多く、空家率は16.04%となっています。茨城県全体で14.84%、全国平均が13.6%という事を考えると、土浦市は空き家率が高いことがわかります。(平成30年住宅土地統計調査)

住宅総数 空き家
総数 二次的住宅 賃貸用 売却用 その他 空家率
67530 10830 140 7010 90 3590 16.04%

賃貸用住宅の空き家が多いということは、暗にアパート、マンションの空室率が高いことを表しています。需要よりも供給が多いということですね。大家さんがあまりやりたくないエリアとも言えます。

最近、土浦市では空き家に関する相談や苦情が増えており、特に放置されたままの廃屋化した空き家は火災や犯罪の温床となる可能性があると指摘しています。

市民の安全と安心な生活を確保し、良好な生活環境を維持するため、「土浦市空家等対策の推進に関する条例」を制定しました。空き家は所有者の財産であり、その適切な管理は所有者の責任です。

管理が不十分な空き家については、市によって管理不全空家、特定空き家に指定される可能性があります。

空き家対策に関する啓発パンフレット「土浦市空家対策」を市役所、支所、地区公民館で配布しており、電子版もウェブサイトからダウンロードできます。

土浦市では空き家を所有している方にむけた空き家バンク制度があります。

空家バンクは、市内の空き家所有者が物件登録を行い、市がその情報をインターネットなどで公開し、利用を希望する人(売買/賃貸)に物件を紹介する仕組みです。

市が提携している不動産屋が媒介してくれるサービスです。

土浦市のデータ

  • 人口と世帯数:
    令和6年1月現在、土浦市の常住人口は142,181人で、世帯数は約66,629世帯です。近年は人口・世帯数ともに大きな増減はなく、横ばいの状態です。ただし、少子高齢化が進行しており、65歳以上は29.8%と高齢者人口の割合が増加していることに注意が必要です。
  • 産業:
    土浦市は、農業が盛んですが、工業や商業も発展しており、工業団地や企業立地優遇制度を通じて企業誘致を推進しています。産業別就業人口割合は、第1次3.07%|第2次24.38%|第3次72.56%(令和2年)となっています。
  • 自然や土地:
    霞ヶ浦は日本で2番目に大きな湖であり、ヨットハーバーや観光帆曳船が楽しめるだけでなく、野鳥の楽園としても知られています。桜川丘陵地帯は、斜面林など水と緑に恵まれた土浦市独自の自然景観を特徴としています。土地利用の状況は農地28.6%|宅地23.4%|山林12.0%|その他36.0%(令和4年)となっています。

土浦市の魅力とは

  1. 自然と歴史の調和:土浦市は、美しい自然と歴史的な建造物が調和した魅力的な街です。市内には多くの公園や自然保護区があり、四季折々の風景を楽しむことができます。
  2. 水郷の風情:土浦市は、水郷の風情が残るエリアでもあります。利根川や霞ヶ浦などの水辺で、水泳や釣り、ボートなどのレクリエーションを楽しむことができます。
  3. 美味しい食文化:茨城県は新鮮な農産物や海産物が豊富であり、土浦市もその恩恵を受けています。地元の食材を使った料理や、地元の食品を買うことができる市場など、食文化も魅力の一つです。
  4. 快適な生活環境:都心部からのアクセスも良好でありながら、住みやすい環境が整っています。公共交通機関や道路網が発達しており、教育や医療などの施設も充実しています。

これらの要素が組み合わさって、土浦市は多くの人々にとって魅力的な場所となっています。

▼解体Doお問い合わせはこちら▼